妊婦には特に重要 | 魅力あるキレイ歯で健康体と素敵スマイルづくり

魅力あるキレイ歯で健康体と素敵スマイルづくり

妊婦には特に重要

妊婦になると歯科医院での検診が非常に大事

女性が子どもを身ごもると、つわりやホルモンのバランスの影響で口内環境が悪化しやすくなります。たとえば、おなかに赤ちゃんができると虫歯になりやすくなります。というのは、つわりで口の中の環境が悪化したり、嘔吐による胃酸で歯の表面が溶かされてしまうからです。その他にも、歯ぐきの一部が増殖して、「妊娠性エプーリス」と呼ばれるこぶができるケースもあります。これは、ホルモンの影響によって作られます。エブーリスは上の前歯や下の奥歯に出来やすく、ほとんどの場合、良性のものです。また、妊娠性歯肉炎にもなりやすいです。これは、ホルモンの関与、つわりによって口の中が不潔になることで起こります。 上記のように妊婦は口の中でトラブルが起きやすいので、定期的に歯科検診を受ける必要があります。

妊婦が歯医者に行くときの注意点

妊婦が歯科検診に行くときには、安全に治療を受けるために注意点があります。まずは、歯科受診の時期については、安定期である妊娠中期に受診すると良いです。他の時期に行くと、つわりや早産、流産などのリスクもあるので注意する必要があります。 また歯科治療内容については、歯石除去、虫歯治療、簡単な外科処置は行うことができます。ですが、インプラント、親知らずの抜歯などの外科処置は避けたほうがいいです。やはり体に負担があることが予測されるからです。 その他にも、処方される抗生物質や鎮痛剤を使用する際にも注意が必要です。抗生物質の中には、胎児に悪影響を及ぼす薬もあるからです。体のことを考えると、妊娠8週以内の時は使用しない方が良いです。