歯科で口臭治療 | 魅力あるキレイ歯で健康体と素敵スマイルづくり

魅力あるキレイ歯で健康体と素敵スマイルづくり

歯科で口臭治療

口臭の原因の多くは「歯周病」

誰にでもある口中トラブルの中に、「口臭」があります。ほとんどの方が自分の「口臭」を気にしたことがあるのではないでしょうか。ガムや歯磨きで口臭を改善しようと、積極的にオーラルケアを行なっている方も多いことでしょう。 この「口臭」の原因の多くは、歯周病によるものです。口中に住み着いた「菌」が、悪臭をつくるのです。口臭を予防、改善するためには、歯周病を治療することが必要なのです。 まず、「歯周病」を予防するためには、毎回の歯磨きを丁寧に行なうことが大切です。菌が溜まりやすい場所である、「歯と歯の間」や「歯と歯茎の境」を集中的にブラッシングする必要があります。そして、定期的に歯科に通い、掃除をしてもらういます。半年に一度は歯科を受診し、クリーニングをしてもらうことが望ましいでしょう。

歯石は、歯周病のサイン

「歯周病」とは、歯茎や歯を支える骨の病気です。この症状が進むと骨が溶け始め、歯を失うことになります。この歯周病は自覚症状がなく、気がつかない間に進行していきます。そのため、症状が悪化してから歯科へ通う方が多く、治療に時間がかかります。歯垢が固くなり「歯石」になり、セルフケアでは取り除けない状態になっています。この「歯石」がブラッシングの邪魔をし、更に歯周病が進むのです。 歯科で歯石をとることは、歯周病の治療なのです。歯石を何度も除去する治療を行なうことは、「歯周病」の治療を行なっていることなのです。何度も歯石を取る治療を受けたなら、歯周病になっていると考える必要があるのです。 歯周病を予防するには、毎日のセルフケアと、歯科医でのプロフェッショナルケアの両方が必要になります。定期的に歯科に通うことで、自分の歯を維持していきましょう。